第15回へ

 (第16回)ドレスアップ遍歴

 はぢめてのドレスアップの回でオーテックのルーフスポイラーをつけたことはすでに書きましたが、その後どのように変化していったか・・・・・

あのあと半年間は変化はありませんでした、静岡の全国OFFの後、仙台の某氏よりアルミホイールを譲っていただけるとのことで、その年の秋にインチアップをしました。
その後、ローダウンを実施。使ったパーツはBSのポテンザワゴンダンパーとHKSスーパーフォルムの組み合わせ。
当然快適性は犠牲になりますが、車高の落ち方がきれいだと好評をいただいたこともありました。

次に、メータをいじり出し文字盤をオリジナルのホワイトメーターに交換しました。
といっても、もともとのメーターのスキャン画像をいただいて、フォトショップで加工し、光沢紙に印刷したものをつけているだけです。
一番大変なのはふるいメータをはずす時に指針をまず取るのですが、その時に軸が抜けると一巻の終わりです。
2万円ほど出して新品のメーターを買わなくてはなりません。幸い私は無事でしたが。。。。
数ヶ月ほどホワイトメーターでしたが、画像が少々荒かったのと白に飽きたので、今度はブルーメーターに。
印刷方法を工夫してきれいに印刷できたので、夜スモールをつけてもきれいに映るようになりました。結局いままでこのままです。

そして小技系。
ボディーを二重線でグルリとまわしたデコライン。裏にアルミシートを張ってちょっとリッチな感じをだしたリアガーニッシュ。
エンブレムを加工して取り付けました。
ちなみにリアガーニッシュは新宿のハンズで1500円ほどで材料が全部そろいます。

外装の大技はさらに続きます。
続いてサイドステップ。これもオーテックのものをヤフーオークションで仕入れて、自家塗装・取り付けを行いました。
塗装がヘタなので、はがれてきている・・・・・・・

一方、足回りはスプリングをHKSからベステックスに交換。乗り心地が少し向上しました。
ダンパーのほうはその後、出たばっかりのビルシュタインWHP11用に交換。さらに快適性が向上しました。

タイヤは最初ヨコハマのAVIDという安いタイヤでしたが、オークションで仕入れたピレリドラゴを装着。
これ雨には強いんですが、ロードノイズが激しくうるさい・・・・・・・
磨耗してきたところで、次はミシュランをチョイスしました。

最初はハイグレードのプライマシーにしようとしましたが、それよりも少し安くバランスのいいプレセダが発売されたので、結局プレセダにしました。
これが大正解!音が静かになり、ビルシュタインサスとの相乗効果で乗り心地もGOOD。現在までこの組み合わせです。

一昨年フロントバンパーをへこませたので、交換ついでにまたまたヤフオクでオーテックバンパーをゲット。
さらに今年、ステアリングを交換して現在に至ります。

大技、小技いろいろやってきましたが、大技投入してうれしがるよりも、最近は自分でコツコツ小技をやっていくのが似合っていると気づいた今日この頃(爆)

さて、次回は・・・・・・・・まだ秘密。

第15回へ 第17回へつづく

ホームへ戻る